しまうまプリントの年賀状印刷の安さがこれ。宛名印刷も無料中

日本の年賀状印刷の安さでは5本の指に入ると思われるのがこのしまうまプリントというところです。

しかも今年から宛名印刷が無料化されるなど、宛名印刷アリの場合でも相当な安さが期待できる狙い目な業者となります!

※早割で少しでも安い今がお得!しまうまの年賀状詳細

しまうまプリントにクーポンはある!?

しまうまプリントのサイトでは割引チケット(クーポンコード)に関しての記述があります。

これは年賀状に限らず、いろんなサービスで使えるものと思われますが、初めての利用者の向けのクーポンというのはどこを探しても見つかりません。

よって、過去にしまうまプリントの何かしらのサービスを利用して会員になっており、そのお知らせでクーポンをもらった方でないと使えないものになっているようです。

今回はじめてしまうまの年賀状印刷を検討の場合ははクーポンは諦めるしかないです。

とは言ってもクーポンなしでも充分安いのがここの凄さでもあるんですけどね!

しまうまプリントの年賀状印刷の特長
  • 印刷料金は相場よりも安め
  • デザイン数は758件(1018年10月チェック済み)※特別多いというわけではない
  • デザインカテゴリは豊富にあっていろいろ選ぶのも楽しい(結婚報告系やくまモンデザインまで!)
  • 宛名印刷が無料になっている!
  • 印刷完了後の年賀状は自宅まで送料無料でお届け
  • 割引システムは早割のみ(60%OFFから段階的に割引率が減っていきます)
  • まとめると:昔から安いことで有名でしたが、2019年版からデザインが充実してきてこれなら!というレベルになっています

しまうまプリントの年賀状印刷料金を見てみよう!

当然早割もありますが、基本体系としては、
基本料1,980円があって、その上に1枚1枚の印刷代がかかってくるようなイメージです。

尚、プリント料金は

  • 印刷仕上げ(普通):30円
  • 写真仕上げ(ランクアップ):70円
  • プレミアム仕上げ(超高画質):150円

という3種類2種類になっており、早割でいくら割引が効くかが一番のポイントになってきます。

安さを重視している当サイトでは、取りあえずは普通の印刷仕上げでいくらになるか、
という料金表を以下にこしらえてみましたので参考になさってください。

枚数印刷料金
(基本料+印刷代)
はがき代込み
(52円年賀はがき)
10枚2,304円2,824円
20枚2,628円3,668円
30枚2,952円4,512円
40枚3,276円5,356円
50枚3,600円6,200円
60枚3,924円7,044円
70枚4,248円7,888円
80枚4,572円8,732円
90枚4,896円9,576円
100枚5,220円10,420円
※上記に早割が適用されます。
※現時点の他年賀状印刷業者との料金比較表はこちらをご覧ください。

MEMO
年賀はがき代は62円で提供
印刷する年賀はがきは通常価格の通り1枚62円での提供となります。
まぁこれは普通なので別に文句はありませんが、最近はここから5円も割引いて1枚57円で提供してくれるとこともあるくらいです。
大量の枚数を注文する方の場合はこの5円の差はけっこう大きかったりしますので、今は無理でも将来的にはしまうまプリントさんでも1枚57円とかでやってくれると嬉しいな、なんて思っちゃいますね(^_^;

※参照(はがき1枚57円提供の印刷業者)
おたより本舗
ふみいろ年賀状

安さのポイント

・基本料金は2回目以降で500円に!
同年2回目でも、昨年に続き、でも、年賀状の注文が2回目なら基本料金がグッと安くなります!つまり追加注文が必要になっても、2回目であればその分割り引きますよ~ってことです。

宛名印刷がまさかの無料
今までは有料でしたが、今年からしまうまさんでも無料でやってくれることに!これにより宛名印刷もやってもらいたい派の方にも人気が出ています。

実は最近宛名印刷が無料化されているところは増えており、いろんな候補から選べちゃうんですよね!宛名印刷も含めお得にやりたいという方はこちらも併せてお読みください。※要参照:年賀状で宛名印刷が無料のネット注文会社

・早割での割引率が大きい!
印刷料金を直接割り引くシステムは唯一、この早割です。早割はどこの年賀状印刷業者でもやっていますが、しまうまプリントでは特にその割引率が高いほうになってきます。
同じく安いで人気のネットスクウェアと同等のレベルです!

デザインが年々増えてオシャレになっている

今の時代の流れとして、安いところでもかなりデザインの数と質は上がってきています!

周りのレベルが上がるから自社もそれに合わせて、、、となるのでしょうが、しまうまプリントの年賀状もかなりいい感じにいろいろ揃っていますよ!

デザインカテゴリがいっぱいあるんですが、スタイリッシュやクラフト、SNS風というデザインは今の時代にもマッチしているし、非常におしゃれな雰囲気で現代人には絶対好まれると思いますね!

※2019年用年賀状のデザインカテゴリ一覧
定番、おすすめ、おしゃれ、かわいい、スタイリッシュ、シンプル、和風、クラフト、おもしろ、SNS風、趣味・スポーツ、テキスタイル、スイーツ、結婚、出産、引越し、くまモン、ビジネス

また写真の枚数はマックスで6枚まで対応したデザインがあります。

デザインに関して総括すると、特別種類が多いわけでもないけど、この安さでこの内容なら十分満足!という感じになると思います。

人気のデザインベスト10もわかるよ!

デザイン数が多いと迷ってしまって決められない!ということもありますが、人気デザインランキングが発表されているので迷ったらそこからチョイス!でも良いかもしれません。

やっぱり写真ありの年賀状を作る方が多いので、ベスト10は全てそういった写真年賀状で占められています。

ちなみに今年のベスト3を見てみるとこんな感じです・・・

  • 第一位!シンプルに写真4枚使い
    小さな枠で4枚の写真が使えるこのタイプ。デザインも派手さがなくて写真もよく映えますよね!1枚じゃ物足りない!という方におすすめです。
  • 第二位!モダンなデザイナーズ風
    使う写真にもよりますがこれはかなりオシャレですよね!和装の写真も非常に似合います。どこかデザイナーズ年賀状チックで素敵です。
  • 第三位!ザ・素朴感!
    高級感はありませんが家族の温かい写真や子供の成長がわかる写真がドンピシャでハマりそう。変に主張し過ぎないのが好感ですね!

印刷仕上げと写真仕上げの違い

料金説明の際にもこの2つの印刷タイプがあるよ!と書きました。

写真仕上げの方が高いし良い仕上がりですし、写真を入れた年賀状を印刷仕上げでやるのもおかしいことではありません。

ただ何が違うのか?ってことを理解するために、しまうまプリントさんの説明を以下に引用させていただきますね!

【印刷仕上げ】業務用カラーレーザーによるオンデマンド印刷で、はがきに直接印刷します。(※はがきはインクジェット紙ではありません)
【写真仕上げ】銀塩方式で写真印画紙にプリントし、はがきに貼り付けるので、写真本来の鮮やかで高画質の仕上がりになります。

後者はいわゆる銀塩プリントってやつですね!年賀状のデザイン面にふちがないポストカードのような高級な仕上がりになるイメージです。

印刷料金は倍以上違うので悩みますが、写真をキレイに魅せたいならばここは写真仕上げの一択です。

興味があるなら早割で安いうちにどうぞ!

最後になりますが、しまうまプリントの年賀状の割引システムは早割がほぼ全て!と言っていいです。

つまり早めに注文したほうが圧倒的に料金的には有利ってこと。

既にここで年賀状印刷オーダーを大方決めているのであればぜひ今のうちに作成&申し込みをおすすめしますよ!

※早割で少しでも安い今がお得!しまうまの年賀状詳細

デザイン数 785種類(写真入りは600種類以上!)
宛名印刷 2019年から完全無料
支払い方法 クレジットカード(VISA、マスタ、JCB、アメックス、ダイナース)
代金引換(手数料300)、コンビニ後払い(手数料200円)
納期、発送時期 ゆうパックにて出荷(送料無料)
ポストへの投函代理 無料で対応!
割引制度 早割、追加注文割引
サービス運営会社 しまうまプリントシステム株式会社
(本社:新宿区西新宿6-16-6 タツミビル3F)
商品・サービスに関するお問合せ 099-272-0701(カスタマーサポートセンター)
当サイトでは年賀状をどこで作ろう?というあなたのために、おしゃれであることは大前提として、その中で料金的にも損をしない年賀状印刷が安いというところを徹底比較&独自ランキングでご紹介をしております!これを見ればクオリティの割に質が良い、コスパの良い年賀状が作れるはずなのでぜひ参考にしてくださいね!