しまうまプリントで写真2枚入りの年賀状を作った!その流れ、作り方

しまうまプリントの安さは前から知っていましたが、写真入りだと宛名印刷ができませんでした。

ですが現在はそれも関係なくできるようになり、デザインの充実度も上がってきたため、これならいいかも!と思え、実際に家族の写真を入れて作成してみたんですね。

格安系のところは正直操作性に難あり!?なところもありますが、しまうまプリントは果たしてどうか、、、以下、サラッと見て参考にしてください。

しまうまプリント年賀状の詳しい解説
しまうまプリントを利用しての年賀状オーダー、、、それに関して料金や宛名印刷等知っておくべきことを以下のページで分かりやすくまとめています。ぜひ併せてご覧になってください。
しまうまプリントの年賀状

しまうまプリントにてPCで作った年賀状

2019年のしまうまプリントを見ていて、このデザイン良いな!と思っていたのが実がありました。

それがこの和モダンで写真2枚使用のデザインテンプレです。なんかめっちゃセンスの良さを感じます。

これは人気ランキングでも2位に入っていたほどのデザインなので多くの方のウケが良いのも事実です、はい。

ちなみにですが印刷仕上げとより高品質な写真仕上げっていうのがあります。

料金は倍以上しますし、しまうまの年賀状は安さも魅力なのでここでは当然の「印刷仕上げ」を選択しました。

  1. まず最初にやるのがデザイン内の写真枠に自前の写真を入れること。作成画面で写真をアップし、それを枠を指定して写真をズドン!位置や大きさの縮小も行います。
  2. お次は差出人の情報入力。連名は最大5名まで追加可能でした。
    文字のスタイルとしてフォントの色、装飾(中字、太字、白フチ)なども選べるので、選んだデザインに合わせてここで調整をするといいでしょう!
  3. この後メッセージを入れることもできますが、直筆で入れたい方はここはスルーですね!反対に同じメッセージで統一したいならここの機能をどうぞ。
  4. ここまでやったら、差出人情報とメッセージの書体を決めます。DF平成ゴシック体、平成明朝体、太楷書体、丸ゴシック体から選択が可能です。
  5. そして最後の最後にスタンプの挿入も可能。スタンプの種類はいろいろありましたが「お正月」スタンプは一番汎用的ですね!私も獅子舞のスタンプを1つ入れてみました。
  6. ★ここまで終われば仕上がり確認をしてオーダーへ!となりますが、まだ会員登録が済んでいない場合はこの時点で登録に進むことになります。

しまうまプリントはかなり昔に1回利用したことがあるようなないような、、、でも作成の仕方は今のほうがずっと分かりやすくてスムーズでした。

この辺のシステムにもちゃんとお金をかけて整備している感があって、印刷料金自体は安いけどちゃんと作れるので安心して利用できる年賀状サイトの1つだという結論に至りましたよ!

当サイトでは年賀状をどこで作ろう?というあなたのために、おしゃれであることは大前提として、その中で料金的にも損をしない年賀状印刷が安いというところを徹底比較&独自ランキングでご紹介をしております!これを見ればクオリティの割に質が良い、コスパの良い年賀状が作れるはずなのでぜひ参考にしてくださいね!