突然来た派手な幸せ報告年賀状がうざすぎて引いた経験がこれ!

[char no=”1″ char=”ラノさん”] 結婚十年になる主婦です。大学を卒業して10年余り、仕事したり結婚したりで、当時の友人達とはほとんど会うことがない毎日でした。それでも、年賀状を出すことは続けていて、「また会えたらいいね」と呼びかけていました。年賀状が返ってくると、「ああ、元気にしてるんだな」と安心するという感じでした。

ある年、私が結婚した報告を年賀状でシンプルな写真と文章でした際、いつも特にメッセージは無くても、年賀状を返してくれていた大学時代の友人から、年賀状がきませんでした。喪中だったかな?忙しいのかな?それとも、年賀状出すのをやめたのかな?程度に受け止めていましたが、翌年もその翌年も、年賀状を出しても何も音沙汰がなくなってしまったので、しばらく賀状を出すことを控えることにしました。

それからさらに数年後。
「女子中学生からか!?」と思うほど、キラキラシールと鮮やかなペンで「元気~!?」と書かれた、派手に彩られた年賀状が来ました。みると、数年音沙汰が無くなった大学時代の友人からでした。もう30歳間近なはずですが、思い切りギャルメイクでアヒル口をした、一瞬彼女とわからない挙式の写真と、「こっちはめっちゃシアワセにやってま~す☆」という、こちらの近況を一切尋ねない派手な幸せ報告年賀状に、びっくりしてしまいました。元気にやってくれてるならいいんですが、いつ結婚したのか、などの情報も何もなく、何とも反応しがたくて「うざっ…」と思ってしまいました。

[/char] ※以上、ラノさん・34歳からいただいたうざい年賀状エピソードでした!
他の方の実例はこちらにまとめております。
⇒年賀状で写真がうざいのはこんなやつ!