ラクスルで作る年賀状【私の実例レビュー】写真入りで作ってみた!

この度ラクスルでの年賀状作成&印刷をやってみたんですが、安さは一番レベルでもそれ以外は目を瞑ったほうがいいかな、と思いましたね。

具体的に言うと以下の点であれ?と思ったんです。
・写真あり、なしでわけてデザイン決めができない
・装飾用のスタンプがちょっと微妙

最近や安くてもストレスなく作れるっていうのがどこも当たり前ですが、個人向けのサービスをあまりやっていないであろうラクスルさんに関してはまだ改善の余地あり?と感じます。

ですが逆に言えばそこをスルーできるなら、安さという部分は強いですからその点での満足度は得られるでしょう。

ラクスルの年賀状印刷の詳細
このページでは年賀状作成の流れや完成後について説明をしていますが、より詳しい料金やデザインのことは以下で解説をしております。実際の注文に際してのどうするかという決定はこちらを読んでから決めるのが良いかと思います!
ラクスルの年賀状印刷を解説するページ

金色富士山+写真デザインで作成したその流れ

まず2019年用の年賀状として選んだのがこちらの汎用的なデザインです。

正月の風物詩である富士山のイラストに写真を2枚使えるやつ。富士山の存在感もあってなかなかいい感じかなと!

では以下で実際の作成の流れ、紹介していきますね!

  1. テンプレート決定後はこういった編集画面になります。ブラウザがそのまま編集画面になるわけですね!
  2. どういう順番でやってもいいので自由度は高いです。私の場合はまずは写真を枠内に入れました。デザインテンプレでは2枚写真がありましたが、必ずしも2枚使わないとダメということでもなかったです。私の場合はこのように1枚の写真を大きく使うスタイルにしちゃいましたよ!
  3. と同時に、挨拶文や差出人情報も簡単に変更ができますのでやってしまいましょう!
    このように編集したい部分をクリックすると別ウインドウが開き、そこで文章を直接編集できるという仕組みです。これはなかなか便利でやりやすかったです。但し挨拶文の例は無くそれは残念ですね(^_^;)
  4. 年賀状なのでここまでやれば基本は完成なのですが、ラクスルではスタンプやふきだしなどの素材が使えます。・・・のはずなんですが、なぜか昨年の干支だったり、正月とは全く関係のない素材が出てきたりと非常にちんぷんかんぷん。申し訳ないのですがこの辺はかなり使いにくくて「もういいや」と。
  5. というわけで、ラクスルでのこういった装飾はあまり期待しないほうがいいかもしれません。シンプルに写真とテキストだけで終了!はい、安いしこれでいいでしょ!というスタンスがちょうどいいかもと感じましたね。(2018年11月時点)

  6. 最後に仕上がりの確認をして終わりとなりますが、印刷イメージをPDFに書きだしてダウンロードできる機能もありました。別にブラウザ上で拡大して見られればそれでいいんですが、ラクスルさんではこういう仕様のようです。
  7. ※PDFにてダウンロードしたデータ

ここまでの総括、感想

編集画面で出てきた素材やら何やらっていうのは、年賀状だけのものではなく、他の印刷系サービスでも使えるであろうものもかなり混じっていました。

だからその辺が最初めっちゃわかりにくいですし、それってどうなの?状態になります。

クリスマスの素材なんてものもありましたが、明らかに年賀状にそれって要りませんよね笑

安いから許すよ、、、って方もいるかもしれませんし、だったら差額もあまりないネットスクウェアの年賀状にするわ~って方も出てくるレベルではあると正直思いました。

なのでラクスルさん!今後年賀状に力を入れるならぜひこの辺の整備をお願いします!

その後、年賀状が届いたよ~

注文確定してから数日後、ポストにネコポス発送での年賀状の封筒が来ていました。この直前にメールで発送のお知らせがあったのでそろそろかな~とは思っていたんですけどね!

印刷を終えた年賀状がこちらになるのですが、普通の業務用レーザープリンターでの印刷ですから、別に良いも悪いもありません。< 細部を拡大して写真も撮っておきましたが、まぁそれなりの品質ですよね!別に文句もありません。

当サイトでは年賀状をどこで作ろう?というあなたのために、おしゃれであることは大前提として、その中で料金的にも損をしない年賀状印刷が安いというところを徹底比較&独自ランキングでご紹介をしております!これを見ればクオリティの割に質が良い、コスパの良い年賀状が作れるはずなのでぜひ参考にしてくださいね!