女性女性


今までもらった年賀状のなかで一番イラッとしたヤツはどれ?と聞かれたら真っ先に思い出すのが、【「仲良し○○一家♡」という文字を中心に、プリクラみたいな写真を余白が許す限り貼れるだけ貼りました、ついでにあけましておめでとう。みたいな年賀状】です。

どういうところにイラッとしたかと言いますと、以下の通りです。

  • 「あけましておめでとう」は手書きで下のほうに小さく書かれているのに、写真は気合の入ったとデコり具合で入るかぎり入るようにしっかり加工されているところ
  • 聞いてもいないし興味もないのにご丁寧に人物の下にお名前と年齢を載せてくれているところ
  • 色味が派手でいちばん目立つ
  • さほど仲良くない(おそらく媒体に記録してある住所に全部送りつけている)
  • その年賀状がしっかり1月1日に到着したところ(1日に到着するようにちゃんと用意しているマメさが逆にイラッ)

年が明けておめでたいんじゃなくて送り主の気持ちがおめでたいんでしょう、おめでとうございます。と、ハガキを見てげんなりしました。その後「年賀状ありがとうございました」と差し障りのない年賀状をお返ししましたが、私は人間の顔よりも一種類でも多く干支の柄が見たい派です。心が狭くてごめんなさい。


※以上、裕子さん・28歳からいただいたうざい年賀状エピソードでした!
他の方の実例はこちらにまとめております。
⇒年賀状で写真がうざいのはこんなやつ!